Home > 阿波銀行の地域貢献

阿波銀行の地域貢献

阿波銀行が徳島県内で根強い人気があり安定した経営基盤を築けているのは、日々の熱心な店舗での業務と堅実経営に加えて、地域社会のことを考えた積極的な地域貢献活動を行っているからです。主な活動として、地元の中小企業の支援があります。徳島県は海や山などの豊かな自然があり温暖な気候であることから、農業に水産業、畜産業と多方面での産業が盛んです。しかし、徳島県ではもっと多くの地域の方に徳島県の特産品を知ってもらうため、これらを加工して販売する6次産業の分野に力を入れるようになりました。

そこで、阿波銀行は支援機構と共同出資をしてこういった6次産業を行う企業の取り組みをサポートしています。また、企業と企業を結びつけるきっかけとして商談会などのイベントを開催したり、会社や事業の買収・売却を支援する取り組みも積極的に行っています。企業の買収・売却という言葉はニュースなどでよく耳にする言葉なので、大手の企業が行うものというイメージがありますが、実は身近な中小企業などでも頻繁に行われている事柄です。

阿波銀行では、年に1度発表される「バンクオブザイヤー」という企業の買収・合併・売却を支援し地域貢献を果たした銀行を表彰する大会でベストプランニング賞という特別賞を得た実績があります(2013年)。それほど阿波銀行はこの活動に力を入れているのです。それ以外にも、コンサルティング業務や経営相談といった日々の事業のサポートもきちっとこなしています。

また、地域行事に参加したり、阿波銀行小学生軟式野球選手権大会などの地域で盛り上がるイベントを開催するなど、地域の皆様と一緒になって徳島県を元気に、明るくしています。阿波銀行では、定期的に金融に関するセミナーや講演会を開いているので、銀行について興味を持った方やお金のことで聴きたいことがあればのぞいてみてください。また、保険や資産運用などの専門知識を持った銀行員に土日祝日も相談できるプラザもあるので、気軽に話をしてみてはいかがでしょうか。