Home > 阿波銀行のネットワーク

阿波銀行のネットワーク

阿波銀行は店舗ネットワークが充実しており、徳島県内に80店舗、兵庫県3店舗、東京都4店舗、大阪府6店舗、香川県2店舗、岡山県・高知県・愛媛県・神奈川県に各1店舗ずつ支店があります。東京都や大阪府に数店舗の支店がある地方銀行はあまりありませんし、阿波銀行として設立された同年に大阪支店を出店するという過去があるほど県外進出に力を入れている銀行でもあります。

また、ATMネットワークも整っており四国地方にある地方銀行、伊予銀行(愛媛県)・百十四銀行(香川県)・四国銀行(高知県)の3行とATM相互利用の提携を結んでいて、時間内であれば手数料が無料(時間外は108円)でそれぞれのキャッシュカードを使ってお互いのATMを利用することができます。それ以外に、ゆうちょ銀行とイオン銀行そして、ローソンATM・イーネット・セブン銀行ATMといったコンビニATMでも阿波銀行のキャッシュカードが使えます。

ローソンなどのコンビニは全国にありますから、出かけた先でも使えるのが嬉しいですよね。阿波銀行のネットワークの強さは店舗営業だけではありません。阿波銀行は大阪府にある「ものづくりビジネスセンター大阪」というものづくり中小企業を応援する支援拠点で活動しているネットワークメンバーになっています。これは、ものづくりに関する発注案件を大阪のものづくり企業に依頼して大阪を活気付けるために行われている大阪府の取り組みで、阿波銀行は企業と企業を結び繋げる役割を担っています。

民間と行政が連携することで、スムーズに経済が回っていく仕組みになっているだけでなく、提携行は複数ありそれらが連携した地銀ネットワークサービス経由でますます広がりをみせる活動です。阿波銀行は徳島県の銀行ですが、古くから大阪府で営業を広げてきたため大阪府は第二の活動拠点と言えます。ですからここでのサービス内容には力を入れて取り組んでいます。